(仮題)ブラック企業で生き残る

ブラック企業は趣味の世界です。奉仕活動です。

ブラック企業で仕事をすることは、ゲームと同じと捉えています。
人生、遊んでプライベートを充実させる為にお金を稼ぐ
という理由で働く思考の方にはお勧めしません。

人生の価値観について書き始めましたが、趣旨が違うので、
移設する予定です(笑)

アドレナリンを分泌した時、偶に言う冗談ならいいですが、
本当の拒否反応から、会社の愚痴を言う人は、
イベント等で「おたくがきもい」と言うのと同じことです。
「この会社に入ったからには我慢しよう」は優しい人の言葉です。

仕事量と仕事内容に耐えることができず、
愚痴を言って他人の士気を下げるくらいなら
消えていただいた方がマシです。愚痴を言う権利はありません。

おたくが集まる場において、普通に近い人のほうが、場違いになる。

確かに「おたく」は、あるジャンルに愛を注ぎすぎるあまり、
自分の管理に配慮が足らず、臭くて、不細工(顔の形が悪い、太っている、髪の毛が伸び放題)で不潔(顔の手入れがされていない)為、
きもいかもしれません。
しかし、おたくが集まる「あるジャンルのイベント」において、
そのジャンルへの愛より、おたくがきもいほうに気を取られる
普通に近い人の方が、場違いになります。

つまり、仕事内容に我慢できないのならあなたが変わるしかない。

確かに、大体の場合、パワハラは無意味。

怒りやちょっとした苛立ちから暴力を振るうことは愚行でしかない。
暴力は最終手段です。
教育という名目でも、暴力を与えた所で、「なぜ暴力を振るわれたか?」を考えず「Bさんに暴力を振るわれた。Bさんは危険である。」と
感じます。Bさんと共に仕事をする場合、萎縮して自発的に仕事をすることがなくなり、ますます仕事ができなくなります。
調子に乗り、どうしても指示に従わない場合の、
最終手段として取っておきましょう。

自分にできる仕事を求めるのではなく探しだす。

先輩に「私にできる仕事はありますか?

コミュニケーションは仕事が

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です