ロスカットについて。

ロスカットとは、

口座に入っている金額以上に損失が膨らんでいるにもかかわらず、決済して損失の増加を防止しない人を、強制的に決済し損失を確定させる機能です。

これ以上損失が拡大すると、借金となりあなたの人生終わることになるので、やめさせます。ということですね。

画像元:pixaday・digemanさん → https://pixabay.com/photo-1016443/

私は、ドルの価値が無くなる頃には日本円なんておもちゃのお金にすらなっていないと思います。
証拠金はありませんが、戻るか死ぬまで永久に保有しスワップ金利を受け続けさせてほしいです。

高値113円でドルをロングで買い保有していた。

高値の113円周辺で29万ドルをロングでナンピン買いしていました。
レバレッジをかけて大量に保有していたため、少し下がるだけでも大きく損が膨らみます。

最低限の生活をして、仕事の給与で年に100万円貯金するのに対して、
FXを4月から始めて1月まであまり勉強せずに約8ヵ月で100万円増やせたので、
FXを甘く見ていました。 毎日平日は3000円のスワップ金利を受け取ることができるため、
下がっても、戻るまで保有し続ける気でいました。

画像元:pixaday・comfreakさん → https://pixabay.com/photo-1060886/

損が膨らんでいることを認知していた。

2019年開けて早々1月頭にロスカットを受けましたが、実は元々2018年のクリスマス・年末辺りから下落しており、評価損益-100万に達していることを認知していました。

そこで損切していれば、FXで稼いだ分の100万円と相殺して、FXの運用を±0にできました。するとFX取引をした8ヵ月が無駄になることを認めることになるので、嫌でした。

2018年4月に始めてから113円~109円を行き来する相場で、たまに114円を超えるので、もっと上がるか、戻る。まさか108円を割ると思わないようにしていました。

楽天証券アプリ・ispeed FX

この失敗から何を学ぶか。

・身の丈以上に多い通貨を保有すると、利益が大きく膨らみやすくなる反面、損失も大きく膨らみやすくなる。損失が巨額となった場合、に対応できなくなる。

・世界の経済状態とチャートにより値動きが大きいFXで、証拠金が少なく耐久力が無いなら長期保有は危険。

・膨らむ損を認めず損切しないで、少しの利益が出る度すぐに利確をすると、損が膨らむ。
損小利大の逆の損大、利小となる。

画像元:pixaday・stocksnapさん → https://pixabay.com/photo-2591874/

FXをやめるか続けるか迷います。

失ったお金を取り返そうとしたら、パチンコの沼と同じようにはまり続け、ますますお金と時間を無駄にすると思います。掛けた瞬間から損失側に膨らんでゆくストレスは人生を不幸にします。結局投資とはギャンブルなのではないかと感じます。

失ったお金は大きく忘れがたいので、出来れば取り戻したいです。こんなに簡単に大金を失えるということは、反対に簡単に大金が稼げるということだと思います。しっかり経済情報とチャート分析の勉強をすれば勝てるという意見もあります。

画像元:pixaday・Alexas_Fotosさん → https://pixabay.com/photo-897418/

投資はやめます。

生活を切り詰めて貯金した250万円をFXで8ヵ月運用した結果60万円。
利回りが定期預金金利の0.1%どころか-(マイナス)76%。1/4です。
今回は1年で100万円稼いで300万円失いました。次は300万取り戻しても900万円失いそうです(笑)
値動きとレバレッジが激しいのでスワップ狙いの長期保有は危険←どこが投資ですか?(笑)
8ヶ月の時間も無駄にし、損失が膨らむと湧き上がるストレスと恐怖。
以上、お金に執着することで人生が不幸なると思うので、貯金はほどほどに、投資はやめます。

画像元:pixaday・Alexas_Fotosさん → https://pixabay.com/photo-897419/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です